工学部土木工学専攻 環境科学研究科 海岸研OBOGのページ

卒業論文リスト

2017
・ Instagramデータを用いた形態素解析による河川利用評価(安西聡)
・ 不均一地表面における熱・水・CO2フラックスの動態解析(近将史)
・ 植生が接地境界層内のCO2フラックスに及ぼす影響(坂井七海)
・ 洪水・高潮複合災害の被害額推定及び適応策の検討(田中裕夏子)
2016
・ DAD解析を用いた確率降雨と確率洪水流量の関係(菅原雄太)
・ 日本全国の流木流出量の評価(助川友斗)
・ 大都市における内水氾濫頻発区域の分布とその特性(中口幸太) [べスプレ3等]
2015
・ 適応策推定のための洪水・高潮複合災害被害額推定(秋間将宏)
・ 氾濫原における純一次生産量と開発の関係(平賀優介)
・ 分布型流出モデルを用いた名取川水系の付着藻類量推定(渡邊健吾)
2014
・ 米代川流域におけるピーク流量評価と分布型流出モデルの改善(高雷)
・ 全国の複合災害リスクと不確実性評価(三澤公希)
・ ボリビア・アンデス山脈における熱帯氷河の水資源評価 -氷河融解・質量収支モデルを用いた長期シミュレーション-(吉澤一樹)
2013
・ タイにおける豪雨に伴う斜面崩壊危険度の将来予測(井上尚達)
・ メコン河氾濫による栄養塩沈降において地形と人為負荷が及ぼす影響の考察(川守田智) [べスプレ4等]
・ 山岳域の積雪推定における同化手法の改良(林達也)
・ Evaluation of flood magnitude to groundwater storage variations in the lower Mekong basin(Boonchai ASAWAPICHED)
2012
・ 水温が源流域の水生昆虫に与える影響(新井涼允)
・ 流出解析による積雪と森林の貯留効果評価(菊池秀哉)
・ 極値降雨分布に着目した洪水被害予測(手塚翔也)
2011
・ 異なる流域で見た浸水被害における流域地勢の影響(石原健志)
・ メコン河洪水氾濫の肥沃化について(天野文子) [べスプレ1等賞]
・ 気象および地理的要因が融雪係数に与える影響(宮田俊介)