工学部土木工学専攻 環境科学研究科 海岸研OBOGのページ

土木学会東北支部技術研究発表会

2018:日本大学工学部?
2017:東北工業大学
助川友斗・小森大輔,台風10号の小本川災害調査による流木発生・流出メカニズムの検討,II-18.
Nurul Fajar JANURIYADI・Idham Riyando MOE・Shuichi KURE・So KAZAMA,Infiltration Wells for Reducing Flood Inundation in Jakarta,II-19.
坂井七海・小森大輔・SRITAWAN Ananya・SUWANNAPAT Pimisiri・近将史,植生が接地境界層内の乱流特性に及ぼす影響,II-24.
Pimsiri SUWANNAPAT・Daisuke KOMORI,Wonsik KIM,Relationship between Water Vapor and Carbon Dioxide Exchanges over A Paddy Field,II-26.
近将史・小森大輔・SRITAWAN Ananya・SUWANNAPAT Pimsiri・坂井七海,不均一地表面における顕熱・潜熱・CO2フラックスの動態解析,II-27.
佐藤郁・小森大輔,地表水中ヒ素濃度推定モデルによるカンボジアメコン河流域の地表水中ヒ素影響評価,II-28.
Prakonkham Sengphrachanh・So Kazama・Daisuke Komori,Flood risk index using distributed hydrological modeling in Laos,II-29.
菅原雄太・風間聡・峠嘉哉,河道沿いに発生する豪雨を対象とした確率洪水流量,II-40.
中口幸太・小森大輔・井上亮・風間聡,大都市における内水氾濫頻発区域の分布の変遷,II-41.
秋間将宏・風間聡・峠嘉哉・小森大輔,川越清樹,多田毅,気候変動下の複合水災害年期待被害額推定,II-42.
齋藤優人・風間聡・会田俊介,流域内の積雪貯留量と地下水貯留量の相互影響評価,II-43.
平賀優介・風間聡,Chaiwat Ekkawatpanit,峠嘉哉,メコン河下流域における湿地の干拓が流域環境に与える影響評価,II-44.
田中裕夏子・秋間将宏・風間聡・小森大輔,潮位変動を考慮した洪水・高潮複合災害被害額推定及びその適応策の検討,II-66.
Prem RANGSIWANICHPONG・So KAZAMA・Daisuke KOMORI,Assessment Expected Annual Damage Cost of Landslide in Thailand,II-67.
安西聡・峠嘉哉・風間聡,Instagramを用いた流域毎の河川関心度評価,IV-54.
Golam Saleh Ahmed SALEM・So KAZAMA,Sustainability in groundwater based irrigation in Northwest Bangladesh,VII-35.
内田典子・風間聡・久保田健吾・会田俊介,名取川流域における無脊椎生物の環境DNA動態解析,VII-45.
渡邊健吾・風間聡・会田俊介,分布型栄養塩流出モデルを用いた名取川水系の付着藻類量時空間推定,VII-46.
会田俊介・風間聡・内田典子,室内実験水槽内におけるヒゲナガカワトビケラが放出する環境DNAの変化,VII-53.
2016.3.5:岩手大学
中口幸太・小森大輔・小柳津唯花・室井佳純・井上亮・風間聡,大都市における“内水氾濫頻発区域”の分布とその特性,II-19.
佐藤郁・小森大輔・天野文子・風間聡,カンボジアメコン河流域の地表水ヒ素汚染の実態調査,II-20.
菅原雄太・高 雷・風間聡・小森大輔,米代川流域における確率降雨と確率洪水流量の関係,II-21.
小森大輔,金元植,乱流フラックスデータの不確実性の定量化とデータ品質評価,II-22.
天野文子・風間聡,メコン河洪水氾濫の肥沃効果と農業の持続可能性の評価,II-23.
Golam Saleh Ahmed SALEM・So KAZAMA,Future Projection of Groundwater Level and Irrigation Cost in Northwest Bangladesh,II-24.
秋間将宏・風間聡・小森大輔,洪水氾濫・高潮複合災害の被害額推定精度の考察,II-27.
Nurul Fajar JANURIYADI・Idham Riyando MOE・Shuichi KURE・So KAZAMA,Estimation of 2013 Jakarta Flood Damage Costs,II-33.
Pimsiri SUWANNAPAT・Daisuke KOMORI・Wonsik KIM,Estimation of Maximum Water-Use Efficiency in Paddy Field by Using Eddy Covariance Method,II-35.
Prem RANGSIWANICHPONG・Chaiwat EKKAWATPANIT・Daisuke KOMORI・So KAZAMA,Assessment Landslides Hazard Map in Thailand Using Extreme Daily Rainfall,II-93.
助川友斗・○小森大輔・風間聡,日本全国の流木流出量の評価,II-94.
吉澤一樹・朝岡良浩・風間聡,ボリビア・アンデス山脈における氷河流動モデルを用いた氷河後退解析,II-104.
齋藤優人・風間聡・会田俊介,水文モデルを用いた米代川流域における積雪貯留量と地下水貯留量の評価,II-105.
高雷・黒澤祥一・風間聡・小森大輔,熱収支と分布型流出モデルを用いた融雪期ピーク流量と気象要素の関連性,II-107.
Prakonkham Sengphrachanh・So Kazame・Daisuke Komori,Runoff analysis in Laos PDR using a distributed hydrological model,II-108.
風間聡・高橋範仁・菊池祐二,平成27年9月東北豪雨における迫川水系の被害,II-109.
川守田智・風間聡・小森大輔,河川関心度定量化に向けたソーシャルメディア分析の試み,II-111.
会田俊介・萩原照通・風間聡・糠澤桂,多自然型護岸が水生昆虫群集相に与える影響,VII-6.
林達也・糠澤桂・会田俊介・高橋真司・風間聡,砂防堰堤のスリット化に伴う底生動物群集の時系列変化,VII-7.
渡邊健吾・糠澤桂・会田俊介・風間聡,分布型栄養塩流出モデルを用いた名取川流域の付着藻類量推定,VII-39.
糠澤桂・風間聡・渡辺幸三,分布型水文モデルと生息場モデルを用いた河川健全度評価,VII-41.
内田典子・○糠澤桂・風間聡・久保田健吾,河川水中におけるミトコンドリアDNA量の定量方法の検討,VII-49.
2015.3.7:東北学院大学(多賀城)
高雷・風間聡・朝岡良浩,分布型流出モデルを用いた気象要素と融雪出水の関連性,II-1.
Weerayuth PRATOOMCHAI・Daisuke KOMORI・So KAZAMA,Chaiwat EKKAWATPANIT, AN INVESTIGATION OF FACTORS INDUCING GROUNDWATER RECHARGE IN THE UPPER CHAO PHRAYA'S FLOOD PRONE AREA IN THAILAND,II-2.
天野文子・風間聡,メコン河下流域におけるリン輸送モデルの構築と農業への影響評価,II-5.【研究奨励賞】
平賀優介・○天野文子・風間聡,開発圧力を受けるメコン河氾濫原の純一次生産量変化,II-6.
井上尚達・小森大輔,小野桂介,気候変動によるタイ国の斜面崩壊への影響評価,II-10.
秋間将宏・風間聡・小森大輔,適応策推定のための洪水・高潮複合災害被害額推定,II-11.
吉澤一樹・朝岡良浩・風間聡,アンデス熱帯氷河における融解特性の評価,II-13.
Sujata MANANDHAR・○Weerayuth PRATOOMCHAI,Keisuke ONO,So KAZAMA, Daisuke KOMORI, MISPERCEPTIONS OF CLIMATE CHANGE RELATED HAZARD RISKS: A CASE STUDY FROM MOUNTAINOUS AREAS OF NORTHERN THAILAND, II-15.
渡邊健吾・糠澤桂・会田俊介・風間聡,根固め用袋材を用いたコンクリート塊と礫における水生昆虫群集の評価,VII-6.
会田俊介・糠澤桂・風間聡,根固め用袋材を用いたコンクリート塊と礫における水生昆虫群集の評価,VII-7.
林達也・糠澤桂・会田俊介,透過型砂防ダム上下流の河川の底生動物群集の種多様性,VII-8.
2014.3.8:八戸工大
手塚翔也・小野桂介・風間聡・小森大輔,極値降雨と極値流出の関係に基づく洪水被害推定およびその将来展望,II-1.
菊池秀哉・風間聡・朝岡良浩, 積雪と土地利用に着目した渇水リスク評価,II-2.
風間聡・G Sahoo・SG Schladow・天野文子,数値計算によるメコン河氾濫原の栄養塩の時空間変化,II-3.
吉澤一樹・朝岡良浩,Pablo FUCHS・Edson RAMIREZ,風間聡,ボリビア・アンデス山脈における熱帯氷河の水資源評価,II-4.
三澤公希・小野桂介・手塚翔也・風間聡,全国の複合災害リスクと不確実性評価,II-5.
高 雷・風間聡・小森大輔・〇菊池秀哉,米代川流域におけるピーク流量評価と分布型流出モデルの改善,II-6.
小野桂介・風間聡,気候変動による表層崩壊危険度の将来展望,II-7.
Sutthiwas CHANTALUCK,So KAZAMA,Chaiwat EKKAWATPANIT,Ayako AMANO,Boonchai ASAWAPICHED, Assessing grid effects on inundation and groundwater using hydrological model in the lower Mekong River Basin, II-8.
Weerayuth PRATOOMCHAI・Daisuke KOMORI・So KAZAMA,Naota HANASAKI,Chaiwat EKKAWATPANIT, Weerayuth Pratoomchai, Evaluation of surface water shortage and potential use of groundwater for the Chao Phraya River,II-9.
Samarasuriya Patabendige CHAMINDA・So KAZAMA, Condideration seasonal environmental water requirements in water resources assessments in Sri Lanka, II-17.
井上尚達・小野桂介・風間聡・小森大輔,タイにおける豪雨に伴う斜面崩壊危険度の将来予測,II-18.
高瀬陽彦・糠澤桂・風間聡,渡辺幸三,分布型水文モデルと統計的手法を用いた底生動物の種多様性評価,VII-35.
新井涼允・糠澤桂・風間聡,竹門康弘,地球温暖化に伴う源流域の底生動物群集の変化,VII-36.
会田俊介・風間聡,河川上流域におけるコンクリートと木材沈床工における水生昆虫群集の評価,VII-37.
糠澤桂・風間聡・高瀬陽彦,渡辺幸三,生活型と摂食機能群の観点による河川底生動物の生息場と遺伝的多様性の関係,VII-38.
小山峻平・小森大輔・朝岡良浩・〇風間聡,ホテイアオイによる水域の富栄養化の浄化,VII-39.
2013.3.9:東北大学 川内
天野文子・風間聡,メコン河氾濫原における栄養塩輸送と農業の持続可能性の評価,II-1.
川守田智・天野文子・風間聡,メコン河氾濫による栄養塩沈降において地形と人口汚濁が与える影響の考察,II-2.
小野桂介・風間聡,統計的および力学的手法による表層崩壊ハザードマップの作成,II-14.【研究奨励賞】
井上尚達・小野桂介・風間聡,タイにおける豪雨に伴う斜面崩壊危険度の将来予測,II-15.
Samarasuriya Patabendige CHAMINDA・So KAZAMA,SPATIAL AND TEMPORAL VARIABILITY OF SURFACE WATER FLOW IN SRI LANKA,II-16.
Weerayuth PRATOOMCHAI・So KAZAMA,Naota HANASAKI,IMPACT OF CLIMATE CHANGE AND RESERVOIR OPERATION ON THE RIVER DISCHARGE IN THE UPPER CHAO PHRAYA RIVER BASIN, THAILAND,II-19.
森澤海里・朝岡良浩・風間聡,衛星画像を用いた熱帯氷河のアルベド時空間推定,II-20.
Pablo FUCHS・Yoshihiro ASAOKA・So KAZAMA,GLOBAL RADIATION AND ALBEDO PARAMETERIZATION FOR COMPUTING GLACIER MELT IN HIGH ALTITUDE TROPICAL GLACIERS,II-21.
手塚翔也・小野桂介・風間聡,極値降雨と極値流出の関係を用いた洪水被害推定,II-23.
菊池秀哉・風間 聡・朝岡良浩 積雪深と標高,同化量の関係性評価,II-34.
林達也・菊池秀哉・朝岡良浩・風間聡,山岳域の積雪推定における同化手法の改良,II-35.
新井涼允・糠澤桂・風間聡,竹門康弘,源流域における底生動物群集と水温の関係,VII-19.
糠澤桂・風間聡,渡辺幸三,水文モデルを利用した水生昆虫遺伝的多様性の推定手法の開発,VII-27.
高瀬陽彦・糠澤桂・風間聡,渡辺幸三,HSIモデルを用いた水生昆虫の種多様性評価手法の開発,VII-28.
2012.3.3:秋田大学
小野桂介・風間聡,無限長斜面安定解析を用いた降雨に伴う表層崩壊ハザードマップの作成,U-2.
森澤海里・朝岡良浩・風間聡,衛星画像を用いたコンドリリ氷河の経年変化,U-8.
Pablo Fuchs・Yoshihiro Asaoka・So Kazama,SNOWMELT RUNOFF SIMULATION IN A MOUNTAIN WATERSHED TUNI, BOLIVIA, U-10.
Nilupul K.Gunasekara・So Kazama・Taikan Oki・Dai Yamazaki,EFFECTS OF POPULATION CONTROL POLICIES AS ADPATATION STRATEGY TO CLIMATE CHANGE, U-16.
宮田俊介・朝岡良浩・風間聡,熱収支法を用いたDegree-Day 法の適用性の検証, U-17.
菊池秀哉・風間聡・柏俊輔,流出解析による積雪と森林の貯留効果, U-18.
柏俊輔・朝岡良浩・風間聡,同化手法を用いた流出解析による山岳域の積雪分布推定, U-19.
Luminda Gunawardhana・So Kazama,WINTER RIVER DISCHARGE TIMING AND LOW-FLOW FREQUENCY UNDER CHANGING CLIMATE CONDITIONS IN THE TAGLIAMENTO RIVER BASIN IN ITALY, U-20.
Samarasuriya Patabendige Chaminda・So Kazama・Shunsuke Kashiwa,DEVELOPMENT OF HYDROLOGICAL MODEL TO SIMULATE SURFACE WATER FLOW IN SRI LANKA, U-21.
手塚翔也・小野桂介・風間聡,極値降雨分布に着目した洪水被害予測, U-22.
天野文子・風間聡,メコン河洪水氾濫の水田における栄養塩収支, U-79.
糠澤桂・風間聡,流域内のHSI種多様性と水生昆虫遺伝的多様性の関係性, Z-37.
新井涼允・高橋真司・糠澤桂・竹門康弘・風間聡,水温が源流域の水生昆虫に与える影響, Z-38.
2011.3.5:東北工業大学
天野文子・風間聡,メコン河洪水氾濫の肥沃化について,II-10.
小野桂介・風間聡,タイ王国における豪雨に伴う斜面崩壊ハザード評価,II-11.
Luminda GUNAWARDHANA・So KAZAMA,AQUIFER WARMING ATTRIBUTED TO LAND-USE CHANGE IN JAPAN.II-12.
石原健志・風間聡,異なる流域で見た浸水被害における流域地勢の影響,II-13.
宮田俊介・朝岡良浩・風間聡,気象および地理的要因が融雪係数に与える影響,II-14.
柏俊輔・朝岡良浩・風間聡,同化手法を用いた山岳域の積雪分布推定,II-15.
Nilupul K. GUNASEKARA・So KAZAMA,A COUNTRY CLASSIFICATION TO IDENTIFY WATER CONFLICTS,II-16.
朝岡良浩・風間聡・田中仁,熱帯氷河の質量収支に関する基礎的検討,II-17.
Freddy SORIA・So KAZAMA,UNCERTAINTY ANALYSIS OF WATER BALANCE DOWNSTREAM THE CORDILLERA REAL IN BOLIVIA,II-19.
Jihyun KANG・So KAZAMA,River response by sediment transport after dam slit in mountain stream,VII-11.
糠澤桂,白岩淳一,風間聡,HSIモデルを用いた水生生物生息場の評価,VII-29.【研究奨励賞】
Myat Myat Thi・So KAZAMA,URBAN AND AGRICULTURAL LAND USE CHANGE ON FLOOD IN DIFFERENT DELTA REGIONS,VII-40.